セルシネ・エイム研究所のHP お問い合わせ/お申し込み 03-3999-9906

Electroencephalography EEG
脳波測定器アルファータ 「FM-515A」 「FM-717」

脳波測定器「FM-515A」の販売終了に伴い、「FM-717」専用のページを立ち上げました。
今後の情報は、「FM-717」専用のページに追加していきます。

ここの「FM-515A」/「FM-717」紹介ページを更新する予定はありませんが、アーカイブとして公開しています。
レンタルは行っています。
2009.6.18
↓最新の脳波測定器情報はこちらです。↓
セルシネの脳波関連ポータルサイト「NOWHADAS」(ノウハダス)
詳 細
セルシネの「NOWHADAS」は、脳波で「心を鍛える人」「心を調べる人」もしっかりとサポートします。

SELSYNE 脳波測定を依頼する
詳 細
精神統制訓練/環境・グッズ評価/番組制作/施術プロモート 等々
企業の開発 大学の研究 学校の部活動 趣味のサークル 個人で 5万円/日

脳波測定サービス ファインブレイン研究会
詳 細
脳 波 研 究・・・・・本物は脳波に表れる!
サポーティング・バイオフィードバック法の構築を目指して、達人達の脳波を収集しています。



詳 細
高性能簡易脳波測定器のレンタル-オペレーター/脳波解説者の派遣も承ります。
個人/企業/学校/研究機関/テレビ番組など、様々な分野でご利用いただいています。

セルシネ・エイム研究所のホームページはこちらです。

脳波フィードバック・トレーニング・マシーン
アルファータ FM-515A、FM-717 サポート実績ナンバー1
「FM-515」が発売された1987年から現在までのサポート対象ユーザー数において。
高性能脳波計でバイオフィードバックトレーニング!
1.心を鍛える・・・練習やリハーサルで高いパフォーマンスが発揮できても、本番でそれを再現できなければ、その努力は徒労に終わります。ピークパフォーマンスを発揮するためのメンタルトレーニング、その前提条件であるアルファ波を意識的に出せるようになる「バイオフィードバックトレーニング・マシーン」、これは科学的瞑想法です。
2.心を調べる・・・仰々しい器械で被験者にストレスを与えない本システムは、研究評価を目的とした脳波計としても活用されています。
※ご購入前の相談も、お気軽にお問い合わせ下さい。信頼と安心のサポートはセルシネ・エイム研究所

FM-515A、FM-717、脳波センサー、心を鍛える、心を調べる

プロモーションにも利用されています。  効果/変化が一目瞭然です!

操作簡単! 筋電の表示も可能です。 プレゼント対象商品 液晶画面に多彩なグラフを表示します。
脳波測定器「FM-515A」 
取扱説明  ビデオ解説
脳波測定器「FM-717」 
取扱説明  ビデオ解説
価格:20万7900円(税込) ポイント制度
ポイント制度の詳細
価格:26万400円(税込)
セルシネのポイント1万395点が発生します。 セルシネのポイント1万3020点が発生します。
ペーストいらずの簡単装着
「脳波センサー」
詳細
脳波測定器「FM-515A」/「FM-717」の付属品です。追加購入できます。
価格:1万2600円
セルシネのポイント630点が発生します。

メーカーの正規保証はもちろん、価格はそのままで
セルシネ・エイム研究所のユーザーサポートが受けられます。だから絶対お得です。





セルシネの脳波関連ポータルサイト「NOWHADAS」(ノウハダス)
詳 細
セルシネの「NOWHADAS」は、脳波で「心を鍛える人」「心を調べる人」もしっかりとサポートします。





詳 細
高性能簡易脳波測定器のレンタル-オペレーター/脳波解説者の派遣も承ります。
個人/企業/学校/研究機関/テレビ番組など、様々な分野でご利用いただいています。





脳波測定器「FM-515A」の販売終了に伴い、「FM-717」専用のページを立ち上げました。
今後の情報は、「FM-717」専用のページに追加していきます。

ここの「FM-515A」/「FM-717」紹介ページを更新する予定はありませんが、アーカイブとして公開しています。
2009.6.18
セルシネ・エイム研究所のホームページはこちらです。

脳波研究 + 脳波測定サービス 脳波研究+脳波測定サービス。レンタルもあります。 レンタル
達人達の脳波を研究しています。また、脳波測定依頼も承ります。 脳波解析システムのレンタルができます。



速い(今日お届け)&安心(オペレーターの派遣)が無料です!
通常は、お申し込みを頂いた日から2日後に商品が宅配便にて届きます。「もっと速く、もっと安心に」をご希望のお客様には、最短で本日、脳波測定機器のオペレーターが直接お届けし、その場で操作方法を分かりやすく説明します。本サービスをご希望のお客様は、お申し込みフォームの最後にある自由メッセージ欄に 「『速い』&『安心』お届けサービス希望」 とご記入下さい。お電話(03-3999-9906)でも承ります。ただし、以下のことを予めご了承下さい。
※在庫切れや先約のために、ご希望の日時にお届けできない場合があります。
※東京からの往復交通費が
20,000円を超える場合は、実際に掛かった交通費から20,000円を引いた金額を請求致します。
※商品の代金は、お届けするオペレーターにお支払い下さい。
ご提案 お客様に貴社の癒し商品を体験して頂いたり、催眠やリラクセーション誘導などを行う際に、脳波測定のサービスを提供しませんか? 格段に訴求効果がアップし、お客様にも大変喜ばれます。弊社のレンタルサービスをご利用頂ければ、リーズナブルに実現することができます。オペレーターの派遣も承ります。

?が湧いたらとにかく相談、すぐに解決!
和田知浩がサポートします。
  電話 03-3999-9906
メールはここから
早朝から深夜まで、時間を気にせずいつでもお電話下さい。
セッション中のため応答できないことがあります。予めご了承下さい。
心を鍛える 閃き電球 心を調べる
・バイオフィードバック法ってナニ?
・トレーニングはどうやってするの?
・私のこんな目的にも効果があるの?
・こんな測定条件でも大丈夫?
・このシステムを用いた研究論文は?
・高価な医療用とは何か違うの?

セルシネのオリジナル「支援ツール」が付いてくる。
  SeSMaT SeSMaT (セスマット) とは、コルパーに成るためのセルフマネージング・テクノロジー(自己管理技術)です。バイオフィードバック・トレーニングを効果的に実践していただくために、専用のサポートシート(A4サイズ)をお付けしています。
シンプルに作り込まれたメソッドで、目的達成をバックアップします。

フィードバックトレーニング・ヘルプトシート フィードバックトレーニング・ヘルプトシート  2006.11.6
トレーニング及び機器の取扱等に関するご質問があるときにご利用ください。弊社ウェブサイトのトップページからもご質問いただけますが、ご要望にお応えして、FM-515A及びFM-717のユーザー様には専用のヘルプシートをご用意しました。シートにご質問内容を記入して、FAXか郵便等で弊社にお送りください。あなたの現状にピッタリ合ったアドバイスで、トレーニング効果を加速します。一件につき、200ptを消費します。

フィードバックトレーニング・キーポイントシート フィードバックトレーニング・キーポイントシート  2006.11.2
フィードバックトレーニングを効果的に実践できる、8つのキーポイントを提供しています。フィードバックトレーニングとキーポイントの相乗効果で、より大きくて確実な成果を生み出します。トレーニング時の姿勢や呼吸法、意識を向ける対象や体感、想起する場面などを簡潔にまとめています。トレーニング前に、あるいはトレーニングが行き詰まったときなどに役立ちます。

フィードバックトレーニング・アウェアネスシート フィードバックトレーニング・アウェアネスシート  2006.7.14
フィードバックトレーニングは、あなたやあなたの周りに必ず変化を起こすはずです。トレーニング中やその前後、あるいはトレーニング期間中に気づいた事柄をこのシートに書き留めます。変化を実感できないときは、シート左の「キーワード」集を参考にして内省します。 一つひとつの気づきは、譬えそれが些細なことのように感じるものても、あなたの人生に大きな意味と効用を及ぼす可能性があります。

フィードバックトレーニング・プログレスシート フィードバックトレーニング・プログレスシート  2006.7.12
能力開発は、トレーニングの開始から最初の3週間がとても重要です。本シートは、アルファ波など目的の脳波を、目標の出現時間に向けて効果的にトレーニングできるようにデザインされています。理想のプログレス・ラインに沿って脳波コントロール能力の上達経過を記せるように、潜在意識の明確な達成イメージを喚起します。弊社のユーザー支援ノウハウで、最初の21日間をしっかりサポートします。
「FM-515A」/「FM-717」を活用したバイオフィードバック・トレーニングをサポートするための専用SeSMaT を順次追加します。既に「FM-515A」/「FM-717」をご購入いただいているお客様及びSeSMaT の追加を希望されるお客様には、発送依頼に応じてお届けします。(用紙の郵送か、PDF形式をeメールに添付してお届けするかをご選択いただけます)
発送依頼はこちらから 種類が充実してきましたら専用申込フォームを設置します。それまでは、こちらからご依頼ください。
その他、セルシネならではの支援があります。
積極的にサポートを求めるお客様には、セルシネがしっかりとアドバイスします。
e-mailにデータを添付 以下に紹介している脳波解析PCソフト「パルラックス2」を活用すると、脳波測定の結果をパソコンに保存することができます。この脳波解析データをeメールに添付してお送り頂くことで、よりきめ細かなアドバイスを実現します。ご自身のトレーニング状況を言葉で的確に説明するのは難しいものですが、客観的なデータをお送り頂くことで解決します。一件につき、200ptを消費します。

脳波測定器「FM-515A」の販売終了に伴い、「FM-717」専用のページを立ち上げました。
今後の情報は、「FM-717」専用のページに追加していきます。

ここの「FM-515A」/「FM-717」紹介ページを更新する予定はありませんが、アーカイブとして公開しています。
2009.6.18
セルシネ・エイム研究所のホームページはこちらです。

脳波測定サービス ファインブレイン研究会
詳 細
脳 波 研 究・・・・・本物は脳波に表れる!
サポーティング・バイオフィードバック法の構築を目指して、達人達の脳波を収集しています。


オプションの「パルラックス2」で、以下のような脳波解析が行えます。

バイオフィードバックマシーンが
脳波解析システムになる。

メンタルトレーニングが目的である
「FM-515A」、若しくは「FM-717」に
オプションの「パルラックス2」をプラスされると
脳波解析システムにグレードアップします。

自身のトレーニング成果を
詳細に把握することはもちろんのこと
リラクセーションシステムや
トレーニングメソッド開発の評価システムとしても
ご好評をいただいています。


脳波解析の詳細と解説を掲載しています。
脳波解析PCソフト「パルラックス2」の測定中の画面
測定中の画面
脳波解析PCソフト「パルラックス2」の結果表示画面 脳波解析PCソフト「パルラックス2」のセルフチェック画面
結果表示画面 セルフチェック画面
脳波解析PCソフト「パルラックス2」の比較再生画面 脳波解析PCソフト「パルラックス2」の集計画面
比較再生画面 集計画面


脳波測定器「FM-515A」の販売終了に伴い、「FM-717」専用のページを立ち上げました。
今後の情報は、「FM-717」専用のページに追加していきます。

ここの「FM-515A」/「FM-717」紹介ページを更新する予定はありませんが、アーカイブとして公開しています。
2009.6.18
セルシネ・エイム研究所のホームページはこちらです。


最新の「脳波の豆知識」はこちらです。
脳波の豆知識
1.脳波とは、神経ネットワークの電気活動を記録したもの 1.脳波とは、神経ネットワークの電気活動を記録したもの
脳には一千億個を超えるニューロン(神経細胞)があり、巨大なネットワークを形成し、感覚器官から送られてきた情報を伝達処理し、また、身体をコントロールするための情報を送り出しています。
このとき、ニューロンでは電気信号が流れ、ニューロン同士を繋ぐシナプス(中継機能)では、送り手側のニューロンから神経伝達物質が放出され、それを受け手側のニューロンが受容しています。この神経伝達物質の量によって伝達情報が増幅または抑制され、神経伝達物質の種類によって情報が修飾されます。
脳細胞の活動と相関して、その周りには電波が発生しています。しかし、一個の脳細胞にかかわる電波はとても小さく、それを頭皮面から検出することは容易ではありません。ところが、一定数以上の脳細胞が同調して活動すると、微かな電波を検出することができてきます。その
同調周波数から、脳の活動状況を大まかにうかがい知ることができます。
2.脳波発見の歴史 2.脳波発見の歴史
1780年。イタリアの解剖学者ルイジ・ガルバニーが、蛙の脚の筋収縮は生物電気の放電によるものであると発表したことで、生物電気現象の研究が盛んになりました。
1875年。イギリスの生理学者リチャード・ケイトンが、兎や猫、猿など動物の脳の電気活動を報告しました。
1924年。ドイツの精神科医ハンス・ベルガーが人の脳波を計測し、1929年に「人間の脳電図について」という論文を発表しました。しかし、当初は、“脳波以外のノイズではないか”
と多くの識者によって否定されました。
1933年。イギリスの電気生理学者エドガー・エイドリアンによって人の脳波が改めて計測され、その後、多くの脳波研究が行われるようになりました。エイドリアンはベルガーに敬意を表して、脳波を“ベルガーリズム”と呼びました。

※高くても百数十μV(マイクロボルト:μは百万分の1)という微弱な脳波を計測する際、それよりも遙かに高い筋肉電位などのアーチファクト(雑電波)が混入してしまい、正確な脳波を検出することが大変難しいことだからです。

3.日本の臨床用脳波計の歴史 3.日本の臨床用脳波計の歴史
国産初の臨床用脳波計「木製号」と和田知浩。1935年。この頃から東北大学や北海道大学、東京大学などで脳波計が試作され、研究が始まりました。
1943年。文部省が脳波研究班を組織し、国家レベルでの脳波研究がスタートしました。
1951年。東京大学工学部の指導の下、三星電機が国産一号の臨床用脳波計「木製号」
(右の写真。医科器械資料館にて。2008.12.22 撮影)を開発し、日本大学文学部心理学教室に納入されました。
この頃、東芝や日立製作所、シャープ、島津製作所なども脳波計を手掛けましたが、結局、三栄測器(三星電機の後身。現在は、NECのグループ会社)と日本光電に絞られました。また、世界でも50%を超えるシェアを獲得していました。

4.脳波の種類 4.脳波の種類
センサー(電極)を頭に装着することにより、リアルタイムで脳波を検出することができます。これを原波形と呼びます。被験者が充分にリラックスしてくると、律動的な正弦波に近い波形が観察されます。ベルガーは、この特徴的な波形をアルファ波と名付け、それ以外の波形をベータ波と名付けて区別しました。
実際には、脳波の原波形には様々な周波数成分が含まれており、合成波形であると言えます。この合成波形を各周波数成分に分解し、それぞれの電圧、優勢率、分布率などと被験者の状態を比較観察することによって、以下のような特徴が分かってきています。

名 称
(ギリシャ文字)
周波数 特   徴 備   考
ガンマ波 
(γ 波)
50Hz前後 極度の緊張/イライラ/パニック 全力を発揮しているように見えるが、非効率な場合が多い。
ベータ波 
(β 波)
20Hz前後 日常/作業/軽い緊張/意識の分散
アルファ波 
(α 波)
10Hz前後 意識集中/リラックス/思考の沈静/瞑想
シータ波
 (θ 波)
5Hz前後 入眠/ウトウト/深い瞑想 意識鍛錬の達人や、高度な精神活動を必要としないタイプのテレビゲームに興じている人などからも観察される。
デルタ波 
(δ 波)
1Hz前後 熟睡/昏睡/ノンレム睡眠

さらに、数百から千ヘルツ以上の周波数成分に着目している研究者もいます。
また、アルファ波をさらに分けて、以下のように特徴づけることもできます。
ファスト
アルファ波
12.5Hz前後 テキパキした作業/ピークパフォーマンス/緊張集中
ミッド
アルファ波
10.0Hz前後 一点集中/弛緩集中/閃き/特異能力の発揮 思考実験したり課題を克服するアイデアが閃くとき。
スロー
アルファ波
7.5Hz前後 受容性の拡大/リモートビューイング(遠隔透視)/身体的共振との共鳴/恍惚、心身の深いリラクセーション 第一次シューマン共振(7.83Hz)や光が地球を一周するテンポと同じ周波数帯域。

この他にも、ベータ波とシータ波が同時に高い分布率を示したり、fmシータ波などの特徴的な脳波が確認されています。また、臨床的に脳の異常を見極める視点からも、様々な観察指標が発表されています。
脳波の優勢周波数と意識状態は、概ね以下のような関係にあります。
1. アルファ波よりも高周波(これを速波といい、ベータ波、ガンマ波がこれにあたります)が優勢な場合は、顕在意識が優勢。
2. アルファ波よりも低周波(これを徐波といい、シータ波、デルタ波がこれにあたります)が優勢な場合は、潜在意識が優勢。
3. 潜在意識は常に働いている。顕在意識と潜在意識がバランス良く働くとき、脳波はアルファ波が優勢である。ただし、逆も真とは限らない。
4. 高僧やヨーガの達人が瞑想するとき、シータ波が優勢になることがある。シータ波は通常、ウトウトや入眠時に優勢となる脳波である。しかし、高僧や達人の意識はクリアに働いている。よって、この状態を特に「覚醒シータ波」と呼ぶ。

※上表には、弊社独自の研究による仮説も含まれていることをご了承下さい。
バイオフィードバック法 5.バイオフィードバック法
ホメオスタシス(自己恒常性:自律神経系、ホルモン系、免疫系の3つのシステム)を意思でコントロールすることは普通できませんが、その変化を本人が知覚できる情報(視覚情報や聴覚情報)に変換して示し、その知覚情報を手掛かりに学習/訓練することによって、徐々にホメオスタシスをコントロールすることができるようになります。心身症の改善や自己統制能力の開発などの分野で用いられています
1960年代に、日系アメリカ人のジョー・カミヤ氏(カリフォルニア大学教授/調査心理学)らが禅僧の瞑想中の脳波を研究する中で、脳波もバイオフィードバック法が有効であることを発見しました。

6.バイオフィードバック用脳波計 6.バイオフィードバック用脳波計
バイオフィードバック法を目的に開発された脳波計です。当初は、アーチファクトの混入をそのまま脳波として表示してしまうものや、後頭部にセンサーを装着するタイプなど、バイオフィードバック用脳波計の黎明期が続きました。後頭部は脳波のボルテージが比較的強く、目を閉じるとアルファ波がよく出て、筋電によるアーチファクトの混入も少ないのですが、自己統制訓練には不向きな部位です。
前頭部は、思考/精神活動の中枢部位ですが、検出される脳波のボルテージは低く、かつ眼球運動筋や表情筋からのアーチファクトが混入しやすい部位です。これらの課題をクリアーして1981年に発売されたのが、フューテックエレクトロニクス社(開発は志賀一雅氏)の「アルファータ FM-212」です。これを機に、脳波バイオフィードバック法の本格的な展開がスタートしました。
志賀一雅氏と和田知浩

志賀一雅氏(右)と和田知浩
2009.2.10 撮影
アルファータ FM-212
アルファータ FM-212

「アルファータ FM-212」が発売された当時のカタログには、自律訓練法の分野で実績のある佐々木雄二氏(筑波大学心理学系助教授(当時))が、次のようなコメントを寄せています。
「これまで、バイオフィードバック機器は、皮膚温、血圧、皮膚電気抵抗値などに焦点を当てたものが色々開発されてきた。しかし、アルファフィードバック装置に関する限り、安心して使えるものがあったとは言い難い。『バイオフィードバックFM-212』は、その点誤ったフィードバックがおこらないような配慮がなされていること、初心者は初心者のレベル、熟練者は熟練者のレベルで段階をおって練習できるように工夫されていること、フィードバックする手段も自分の好みにあった方法で選択できることなど、又ハンディーである点などで、これから臨床面にはもちろん、一般にも大いに利用されうるであろう。」

7.弊社和田知浩の脳波に関する主なトピックス 7.弊社和田知浩の脳波に関する主なトピックス
1987年。「アルファータ FM-212」(正確には、同機種をフューテックエレクトロニクス社がSSI社にOEM供給していた「サイコフィードバック装置 KLAUS1000PF」)によるバイオフィードバック訓練をスタートしました。
前出のジョー・カミヤ氏が東京女子医大においてバイオフィードバックに関する論文を発表されるのを聴講し、感銘を受けました。
「KLAUS2000PF」の開発製造メーカーである日本通信機において、脳波計のメンテナンス教育を受け、ユーザーサポートを開始しました。この年に発売された「FM-515」(「KLAUS3000PF」)も合わせて、数百人/月のペースでユーザーが増えていました。
1992年。トレーニング者の脳波を解析しながら適切な呼吸誘導音をフィードバックする能力開発マシーン「バビス-1」を開発しました。しかし、5台を販売したのみで、継続生産を断念しました。
1994年。臨床用脳波計「サイネフィット1000A」(NEC三栄社製)とEEGマッピングソフト「ATAMAP」(キッセイコムテック社製)を活用して、能力開発の視座に立った脳波研究をスタートしました。
アタマップのモニター画面 臨床脳波計 「サイネフィット1000A」
ATAMAP サイネフィット1000A

その他、メディア出演の一部を以降のコーナーで紹介しています。

8.あなたは「心を鍛えますか?」それとも「調べますか?」 8.あなたは「心を鍛えますか?」それとも「心を調べますか?」
弊社では、メンタルトレーニングの脳コンディション作りや自己統制能力の開発をサポートする際に、バイオフィードバック法も活用しています。また、現在までに数千件の脳波を測定し、達人がその能力を発揮しているときや、催眠誘導による変性意識状態の人、リモートビューイング(遠隔透視)中の人、瞑想/座禅中の人、自律訓練中の人、アロマ(芳香)セラピーを受けている人など、様々な脳波を測定しています。
バイオフィードバック・マシーンとして、スポーツや勉強、ビジネスなどで更なる能力を発揮するために活用したい人、あるいは簡易脳波計として研究に活用したい人などにお薦めします。


セミナー「成功する意識と脳波のセルフマネジメント」-問題提起 編:ダイジェスト 講師:和田知浩脳波に関するセミナーのダイジェストをこちらでご覧頂けます。

脳波測定の体験やセミナーのご利用は、「トータルセッション」をご覧ください。

達人達の脳波を収集するファインブレイン研究会(弊社主宰)のプロジェクト、
「脳波研究・・・・・本物は脳波に表れる!」を紹介しています。


セルシネ・エイム研究所 代表 和田知浩



脳波測定器「FM-515A」の販売終了に伴い、「FM-717」専用のページを立ち上げました。
今後の情報は、「FM-717」専用のページに追加していきます。

ここの「FM-515A」/「FM-717」紹介ページを更新する予定はありませんが、アーカイブとして公開しています。
2009.6.18
セルシネ・エイム研究所のホームページはこちらです。



詳 細
高性能簡易脳波測定器のレンタル-オペレーター/脳波解説者の派遣も承ります。
個人/企業/学校/研究機関/テレビ番組など、様々な分野でご利用いただいています。

バイオフィードバックトレーニングの紹介記事
「日刊ゲンダイ」-「『成功イメージ』だけで凡ミスは解消できる!!」 リラクセーションは、メンタルトレーニングの基本です。 「だいじょうぶ」-「『女の脳』の鍛え方、磨き方マニュアル」
日刊ゲンダイ 1995年6月2日 雑誌 「だいじょうぶ」 2000年8月号
ゴルフ 「『成功イメージ』だけで凡ミスは解消できる!!」 特集 「『女の脳』の鍛え方、磨き方マニュアル」
※両記事とも、弊社代表和田知浩がSSI社勤務当時に取材を受けたものです。
脳波解析システムを導入して頂いている施設
バイオフィードバックトレーニングが目的の個人ユーザーはもちろんのこと
リラクセーションサロンや生涯学習センター、生体実験などの施設で、プロの施術と研究をサポートしています。
切開・剥離・縫合の必要がないために短期間(2ヶ月程度)で植立が定着する画期的なインプラント・オペレーションシステム「O.F.O」を開発された鈴木道也医師、更なる歯科治療発展のために尽力されています。この度、“フルーツの女王”の異名を持つ「マンゴスチン」の薬理効果を活用した治療と美容、そしてリラクセーションに関する研究開発及び販売のプロジェクトをスタートされ、弊社も共同開発メンバーに加えて頂きました。(2008年10月15日をもって、弊社の協力は終了しています。)
鈴木院長の実績とビジョンに敬服!
鈴木院長の実績とビジョンに敬服!
鈴木院長の脳波を測る山本社長
鈴木院長の脳波を
山本社長(株式会社デレクターズシステム)が測定中

2008年5月16日
西新宿デンタルクリニック
HAコーティングインプラント
HAコーティングインプラント

萩原秀紀先生と和田知浩
快快の効果が2分で身体に現れる。 「快快」効果を確認中!
患者の歯型に合わせて作られる「快快」の両先端が天迎香というツボを刺激して、体調を整え活性化。多くの患者に恩恵をもたらしてきた「快快」が、脳波にどんな作用を及ぼしているのか。研究がスタートしました。
天迎香は萩原秀紀先生(写真)が発見されたツボだそうです。
これが「快快」マウスピース型ツボ刺激用具「快快」
2006年8月3日
自然治癒力活性医学研究所

第一線を走り続ける男性に
癒しの空間と時間を提供してくれるサロン。

疲労回復、ダイエット、デトックスリンパドレナージュ 、ハンドマッサージ、フットケアなど
専門技術を備えた女性が、真心を込めてケアしてくれます。

2006年4月25日

MC-BODY
MC-BODYにて、タッチセラピーの施術を体験する和田知浩

その他のご採用施設 (メーカー直販を含む)
法政大学デザイン工学部 長野県看護大学 母性看護学講座 東京工科大学 バイオニクス学部
追手門学院大学 中央大学 立命館大学
滋賀県立大学 看護短期大学部 金沢大学 教育学部 体育学科 神戸大学 教育学部
白根保健所 看護大学(大阪府) 教育大学(大阪府)
明治大学 農学部 東京学芸大学 東洋大学 社会心理学部
日本工業大学 システム工学科 駒澤大学 文学部 心理学科 青山学院女子短期大学 家政学科
関西福祉大学 社会福祉学部 葉山眼科クリニック みやうちクリニック
愛知県庁健康の森推進局 富山県心の健康センター 健康増進センター(松山市)
大阪府立こころの健康センター 沖縄県警 サザンプラザ海邦 財団法人 島根難病研究所
農林総合研究所 農林水産省 神戸市 中央市民病院 医療法人社団碧水会 長谷川病院
富山逓信病院 奈良女子大学 文学部 家政学科 自衛隊体育学校 スポーツ科学科
杏林大学 保健学部 大阪大学産業科学研究所 高知鏡川病院
東京都立科学技術大学
生産情報システム工学科
ヒルトン小田原リゾート&スパ
(旧スパウザ小田原)
沖縄県浦添総合病院
睡眠呼吸ストレスセンター
富士吉田保健所 防衛大学校 田園都市厚生病院
久野マインズタワークリニック
他にも大学、企業、個人の様々な皆様にご利用頂いています。

脳波測定器アルファータシリーズ/脳波解析PCソフトパルラックスシリーズ
を用いて研究発表された論文

(発表者の敬称略)
母親の育児幸福感を高めるプログラムの実施と評価
発 表 者 清水嘉子、関水しのぶ、遠藤俊子、廣瀬昭夫、宮澤美知留、赤羽洋子、松原美和
長野県看護大学 母性看護学講座
掲 載 誌 日本看護科学会誌 29巻1号 平成21年3月
一般社団法人 日本看護科学学会

脳波バイオフィードバックトレーニングによる集中力増強への妥当性の検討
発 表 者 丹羽劭昭、弘志穂
奈良女子大学
発表大会 日本体育学会43回大会 於 大妻女子大学

運動パフォーマンスと生理心理的状態
発 表 者 丹羽劭昭(奈良女子大学)、長沢邦子
発表大会 日本体育学会40回大会 於 横浜国立大学

マルチメディアと人間の五感を応用した出産環境改善システムの開発
発 表 者 中山洋、飯山久美子
東京電機大学理工学研究科
 鮫島浩二
 鮫島ボンディングクリニック
掲 載 誌 Journal of Japanese Society of Aromatherapy Vol.5 No.1

長距離運転による「神経系の疲労」の原因の医学的分析とその対策の試験研究
発 表 者 亀井勉
島根難病研究所
 熊野宏昭
 東京大学医学部心療内科
 安士光男
 パイオニア株式会社移動体通信研究所

前頭部α波パルス光同調反応のnatural killer細胞への効果
発 表 者 亀井勉
島根難病研究所
 山崎俊樹、森竹浩三
 島根医科大学脳神経外科
 熊野宏昭
 東北大学医学部人間行動学
掲 載 誌 「脳と免疫」研究会 神経免疫研究 Vol.12 別冊 1999年12月20日発行

古来の宗教的行為が健康特に免疫監視に及ぼす効果についての研究
-ヨーガおよび瞑想の発ガン予防効果の検討-
発 表 者 亀井勉、桝村純生
島根医科大学医学部生理学第一
 木村浩
 国立米子病院小児科

ヨーガの行が細胞性免疫に及ぼす影響
発 表 者 亀井勉
島根難病研究所
 木村浩
 きむら小児科
 木村慧心
 日本ヨーガニケタン

テレビ番組でも利用されています。
バラエティから報道まで、様々な番組で利用されています。
テレビ出演し、脳波について弊社がコメントすることもあります。
番組制作のご協力も可能です。「評価検討レンタルシステム」を参考にされ、お問い合わせください。
2007.3.6「午後は○○ おもいッきりテレビ」の特集「夜グッスリ朝スッキリ春先に効果的な快眠法」で、FM-515Aとパルラックス2の脳波解析システムが活用され好評を博しました。弊社の和田知浩もオペレーターとして参加しました。この模様をブログ「人生成功 四方山辻説法。」で紹介しています。


この動画は削除しました。上の画像は和田知浩が寛平に脳波センサーを装着しようとしているシーンです。2015.2.11
テレビの生本番中なのに、
すぐにα波、θ波優勢になった
間寛平さん。やっぱり凄い!

脳波測定器「FM-515A」の販売終了に伴い、「FM-717」専用のページを立ち上げました。
今後の情報は、「FM-717」専用のページに追加していきます。

ここの「FM-515A」/「FM-717」紹介ページを更新する予定はありませんが、アーカイブとして公開しています。
2009.6.18
セルシネ・エイム研究所のホームページはこちらです。



詳 細
高性能簡易脳波測定器のレンタル-オペレーター/脳波解説者の派遣も承ります。
個人/企業/学校/研究機関/テレビ番組など、様々な分野でご利用いただいています。


おもしろテレビ、モンド21の番組で活用された模様をブログ「人生成功 四方山辻説法。」で紹介しています。
● ヒプノセラピーを検証する番組 ● リモートビューイングセミナーを紹介する番組
シンプルな脳波解析システム オペレーター兼コメンテーターとして参加
↑シンプルな脳波解析システム ↑オペレーター兼コメンテーターとして参加
催眠誘導される被験者の脳波を測定 ビューアの脳波を測定
↑催眠誘導される被験者の脳波を測定 ↑ビューアの脳波を測定
催眠が深くなるに連れて脳波が変化する 目を開けてのビューイングで、厳しい測定環境だった
↑催眠が深くなるに連れて脳波が変化する 目を開けてのビューイングで、厳しい測定環境だった
各専門家の協力で、予見を覆す結果が得られた
↑各専門家の協力で、予見を覆す結果が得られた ↑ビューアの状態を脳波の見地から解説
この模様の映像を見る

 本物は脳波に表れる!

“覚醒シータ波”に達した人?

この表は、FM-717で計測した脳波をパルラックス2で解析した結果です。被験者の瑜伽インストラクターが、変性意識状態を呈しているときのものです。優勢脳波は圧倒的にシータ波だったので、判定は「深い眠気・まどろみ傾向」と出ました。通常なら入眠時に計測されるシータ波が強いのに、意識は鮮明にある。これを「覚醒シータ波」といいます。この測定結果は、瑜伽インストラクターが意識コントロールの達人であることを示しています。ただし、この測定結果は多分に雑電波を含んでいます。
この模様を、セルシネのブログ「人生成功 四方山辻説法」に「話したくて離したくなかった人。」として投稿しています。
↓同ブログに投稿した、その後の関連記事。↓
瑜伽さんの凄いとこ。それは・・・ 2009.2.21
臨界点を超えたアルファ波? 2009.3.7

以降の展開は、「脳波研究」に掲載しています。
覚醒シータ波の脳波評価。
2009年2月6日測定

研究現場の様子をビデオで紹介しています。

瑜伽インストラクター
瑜伽(ゆか) インストラクター


株式会社アルボル 代表取締役
キネシヨガ創始者
著書:「『脳ヨガ』で克つ!」-頭を柔らかくして、「直観」成功者になろう

ブログ 「yuka's page」
”楽しく”そして”自分らしく”エネルギーを高めていきたい。そんなYUKAが、ヨガ・サルサ・キネシオロジーなどを通して日頃感じたことや体験したことを書いていきます。


●メンタルトレーニングで潜在能力を開発する方法

脳波測定器「FM-515A」の販売終了に伴い、「FM-717」専用のページを立ち上げました。
今後の情報は、「FM-717」専用のページに追加していきます。

ここの「FM-515A」/「FM-717」紹介ページを更新する予定はありませんが、アーカイブとして公開しています。
2009.6.18
セルシネ・エイム研究所のホームページはこちらです。


脳波フィードバック装置「FMシリーズ」の特徴脳波フィードバック装置「FMシリーズ」の特徴
各脳波の強さ(電圧)をバーグラフで表示。
5種類の脳波から任意の脳波(周波数)を選択し、フィードバック音(設定した値以上の強さになると音が鳴ります)によるバイオフィードバックトレーニングが可能。
コンピュータと接続可能なデータ出力端子付。(脳波解析プログラム「パルラックス2」用)
アナログの特性とデジタルの最新理論を融合させたハイブリット方式。
シールドルームやペーストなどの特別な準備を必要としない高精度検出を実現。
脳波センサーは、手軽に装着できるカチューシャタイプ。
「脳波センサー装着状態」と「アーチファクト混入状態」をそれぞれ知らせるパイロットランプ付。

FM-515Aの特徴FM-515Aの特徴 FM-717の特徴FM--717の特徴
選択した周波数の強さを、リアルタイムに専用コーナーへ数値で表示。 6インチ液晶画面に測定データを集中表示。
解像度は、320×240ピクセル
赤色と緑色の見やすいLED表示。 一回分のトレーニングデータを保存し再生することが可能。
3,5,7,10,15,20、30分及び無限の中からトレーニング時間を任意に設定。途中で終了しても結果を表示。 トレーニングしながら、保存データを比較再生することが可能。
筋電(EMG)のフィードバック機能。 1,2,3,5,10,15,20,30分及び無限の中からトレーニング時間を任意に設定。途中で終了しても結果を表示。
予備バッテリーを標準装備。

FM-515Aの仕様FM-515Aの仕様

FM-717の仕様FM-717の仕様
電源 DC7.5V 700mA(50/60Hz)
消費電力 約9W
感応中心周波数 θ波:5.0Hz
α1波:7.5Hz
α2波:10.0Hz
α3波:12.5Hz
β波:22.0
EMG:150Hz
スレッショルド 5、7.5、10、15、20、25、30、OFF
単位:[μVp-p]
入力インピーダンス 10MΩ以上
ハム除去率 60dB以上
データ出力 シリアルデータ
外形寸法 300(W)×75(H)×180(D)
単位:[mm]
重量 2.3Kg
電源 ACアダプター使用時
DC7V (50/60Hz)
バッテリー使用時(内蔵品)
DC6V 600mA
消費電力 ACアダプター使用時
約10W
バッテリー使用時
3W
感応中心周波数 θ波:5.0Hz
α1波:7.5Hz
α2波:10.0Hz
α3波:12.5Hz
β波:22.0

スレッショルド 5、7.5、10、15、20、30、50、無効
単位:[μVp-p]
入力インピーダンス 10MΩ以上
ハム除去率 50dB以上
データ出力 シリアルデータ
外形寸法 240(W)×60(H)×162(D)
単位:[mm]
重量 1.1Kg

FM-515A、FM-717共通の付属品
脳波センサー
3電極平衝型ヘッドバンド方式
115(W)×25(H)×170(D)、コード長1900 単位:[mm]
重量80g
電極材料:額電極はニッケルメッキ、耳朶クリップはステンレス
3電極平衡型カチューシャタイプ
左耳朶電極:測定電極A、右額電極:測定電極B、左額電極:アース電極
ACアダプター
取扱説明書

FM-515A、FM-717共通のオプション品
脳波解析プログラム「パルラックス2」
OS環境:Windows 95/98/ME/2000/XP/Vista/7の32ビット版
60,900円(税込)

解析表示例 動作環境

復刻版(WindowsXP/Vista/7/8の64ビット版で利用可能)のご注文はこちらをご覧ください。

フィルター特性
FM-515Aのフィルター特性


「FM-515A」と「FM-717」どっちを選ぶか、選択のポイント

1.価格で選ぶなら
FM-515A   FM-717
FM-515Aは207,900円、FM-717は260,400円(いずれも消費税込み)です。価格でお選びになるなら、FM-515Aがリーズナブルです。

2.トレーニング結果を後で確認するなら
FM-515A  FM-717
FM-717は、一回分のトレーニングデータを本体に記憶します。いつでも再生して脳波の変化を確認することができます。液晶画面の「測定/再生」表示例。

3.様々な場所に持ち運んでトレーニングするなら
FM-515A  FM-717
FM-717にはバッテリーが内蔵されており、また、大きさ重さ共にFM-515Aよりも携帯しやすくなっています。ただし、バッテリーの連続使用時間は20分です。

4.筋電のトレーニングをするなら
FM-515A   FM-717
FM-515Aには、EMG(筋肉電位)のフィードバック機能も付いていますから、額の筋肉を弛緩するトレーニングができます。筋肉の弛緩は、精神的リラクセーションにつながります。

5.極力、高精度の脳波検出を望むなら
FM-515A  FM-717
交流電源から混入するハムノイズが、正確な脳波検出を阻害します。FM-515Aが保証するハム除去率は60dB、FM-717が保証するそれは50dBです。dB(デシベル)は、ハムノイズの入出力比を表しています。

6.パルラックス2で、長時間測定したいなら
FM-515A  FM-717
パルラックス2の最長測定時間は、FM-515A用が30分、FM-717用が60分です。いずれも、1分から1分刻みで、それぞれの最長測定時間まで設定できます。測定器側は、連続測定(無限)にセットします。

脳波測定器「FM-515A」の販売終了に伴い、「FM-717」専用のページを立ち上げました。
今後の情報は、「FM-717」専用のページに追加していきます。

ここの「FM-515A」/「FM-717」紹介ページを更新する予定はありませんが、アーカイブとして公開しています。
2009.6.18
セルシネ・エイム研究所のホームページはこちらです。


FM-515A、FM-717 FAQ
「レンタル FAQ」「パルラックス2 FAQ」もご参照ください。
「FM-515A」の販売を終了したとのことですが、他社では今も販売されているようです。どうしてセルシネでは販売を終了したのですか? 2009.8.20
「FM-515A」の生産は終了しており、メーカー在庫がゼロになった時点でセルシネでの販売を終了しました。ただし、流通在庫は今もあるようです。弊社では在庫を保有せずに、お客様からのご注文毎にメーカーから仕入れる形をとっているために、メーカー在庫が無くなった時点で販売終了とさせて頂きました。なお、レンタルサービスでは現在でも「FM-515A」を揃えています。
「FM-717」はバッテリーの使用も可能とのことですが、バッテリー交換はどのようにするのですか。また、バッテリーは市販のものを使えますか? 2007.12.1
本体埋め込み型のため、ユーザー様ご自身によるバッテリー交換はできません。また、市販のバッテリーをお使い頂くこともできません。お手数をお掛け致しますが、弊社にご依頼下さい。なお、バッテリー交換は頻繁に必要となるものではありません。ただし、バッテリー容量は、20分程度の測定時間保証と少ないので、通常はACアダプターをご使用頂くことをお奨め致します。バッテリー交換を依頼される場合は、送料のみご負担頂くことになります。交換手数料、返送料等は弊社にて負担致します。
アルファ波がなかなかうまく出せないのですが、何か良い方法はありますか? 2007.5.12
はい、あります。本機によるバイオフィードバックトレーニングに、他のリラクセーション手法をプラスすることにより、相乗的な成果を得ることが期待できます。例えば、光の明滅で脳コンディションを整える「リラクルー」や、体感音響システム「FM-112A」を併用すると、深いリラクセーションを体験できます。その効果は、「パルラックス2」で客観的に確認することも出来ます。「リラクルー」を併用される場合は、別途「分岐ボックス」(10,000円)を用意されると、一つのセンサーゴーグルで脳波の測定と光フィードバックが行えます。「FM-112A」を併用される場合は、市販のリラクセーション音楽をご用意下さい。また、「パーソナルサポート」で、自律訓練法や催眠誘導による心身統制法を学ぶことも出来ます。

「「FM-515A」には、EMG(筋肉電位)のフィードバック機能も付いていますから、額の筋肉を弛緩するトレーニングができます。筋肉の弛緩は、精神的リラクセーションにつながります」 とありますが、「FM-717」は精神的リラクセーションに向かないのでしょうか? 2006.5.19

そんなことはありません。両機種ともアルファ波(他に、ベータ波、シータ波も測定します)のフィードバックをしますから、精神的リラクセーションを目的としたフィードバックトレーニングは両機種ともできます。リラクセーショントレーニングをする場合、脳波という指標でフィードバックを受けてもなかなかコツが掴めなかった人が、筋肉をリラックスすることに意識を向けたときに比較的簡単にマスターできたという例があります。どの生体情報でトレーニングすることが効果的なのかは、個人差があります。「FM-515A」は、トレーニングの選択肢がもう一つあるということです。
バイオフィードバックトレーニングは、てんかん発作にも有効ですか? 2006.2.1
弊社はクリニックではないため、診断的なお話しはできませんが、弊社のお客様で成果を出された方がいらっしゃいます。てんかん発作が起こる兆候を感じたときに、脳波のバイオフィードバックトレーニングで習得したリラクセーション技法を実践することにより、発作を避けることができるようになった、というご報告です。処方された薬を服用するだけでなく、発作のコントロール能力を積極的に開発したいと望む方には、一つの有効な方法だと言えます。医師と相談され、是非チャレンジされてみてはいかがでしょうか。弊社でも、リラクセーション技法の観点からサポートさせていただきます。
「FM-515A」もバッテリーが使えたと思いますが? 2005.12.23
はい。「FM-515A」にはバッテリー収納口があり、実際にオプションのバッテリーが用意されていました。しかし、現在はバッテリーの生産をメーカーが中止しており、ポータブルタイプの「FM-717」との仕様の差別化が為されています。
「KLAUS3000PF」 と「アルファータFM-515A」はよく似ていますが、どこが違うのでしょうか?   2008.3.3追加 2008.2.22追加修正 2005.10.6
両機種ともフューテックエレクトロニクス社製の製品です。「KLAUS(クラウス)」はSSI社のブランド名で、「アルファータ」はフューテックエレクトロニクス社のブランド名です。「KLAUS 3000PF」は「アルファータ FM-515」と同じで、そのヴァージョンアップ機種である「KLAUS 5000 C-PF」は「アルファータ FM-515A」と同じ仕様です。ヴァージョンアップの主な点は、以下の通りです。

1.解析単位時間を2秒から1秒に高速化。
2.連続測定機能の追加。
3.パソコンと接続する「DATA OUT」端子を光ケーブルに変更。
4.別売りのPCソフト「パルラックス」を「パルラックス2」にヴァージョンアップ。
5.ACアダプターの改良。(ヴァージョン間の流用不可)

なお、後継機種の「KLAUS V-777」は、「アルファータ FM-717」と同じ仕様です。



セルシネの脳波関連ポータルサイト「NOWHADAS」(ノウハダス)
詳 細
セルシネの「NOWHADAS」は、脳波で「心を鍛える人」「心を調べる人」もしっかりとサポートします。





詳 細
高性能簡易脳波測定器のレンタル-オペレーター/脳波解説者の派遣も承ります。
個人/企業/学校/研究機関/テレビ番組など、様々な分野でご利用いただいています。


脳波測定サービス ファインブレイン研究会
詳 細
脳 波 研 究・・・・・本物は脳波に表れる!
サポーティング・バイオフィードバック法の構築を目指して、達人達の脳波を収集しています。


脳波測定器「FM-515A」の販売終了に伴い、「FM-717」専用のページを立ち上げました。
今後の情報は、「FM-717」専用のページに追加していきます。

ここの「FM-515A」/「FM-717」紹介ページを更新する予定はありませんが、アーカイブとして公開しています。
2009.6.18
セルシネ・エイム研究所のホームページはこちらです。



「FM-515A」、「FM-717」に関するご質問はこちらからお受けしております。


その確かな理論と効果を実感してください。
「体験セッション」のご案内はここ




申込要項を読む。





「プロダクツ」に戻る。





セルシネ・エイム研究所のホームページはこちらです。




COPYRIGHT SELSYNE AIM INSTITUTES. WADA CHIHIRO
代金のお支払い方法